なるべく高く売るには

小さなことで査定額アップ

貯金箱

不要になったサックスを買取に出す前に、気を付けるべき点があります。
まずは、サックスの買取相場価格を把握しておきましょう。
有名メーカーのサックスは、大体相場が決まっています。
事前に調べておくと、他店との査定額を比較検討しやすくなります。
実際にサックスを査定に出す前に、必ず動作確認を行うようにしてください。
長期間演奏せずに放置していると、劣化して動かなくなってしまっていることがあります。
査定に出す前に、必ず一度音を出してみて、きちんと動作するか、問題なく音が出ているか確認してください。
次に、本体の表面部分に傷や破損がないかどうかも確認しましょう。
また、サックスは部品が多い楽器なので、部品が紛失していないかどうかも合わせて確認する必要があります。
サックスをより高く買取してもらうためには、きれいに掃除してから査定に出すようにしましょう。
サックスは構造が複雑になっているため、汚れやすいというデメリットがあります。
査定に出す前に汚れを落とし、きれいな状態で査定に出すようにしましょう。
小さなことですが、きれいな状態にするだけでも、買取価格に大きく影響します。
サックスの付属品がある場合は、一緒に査定に出すようにしましょう。
説明書や付属品、サックスを納めていたケース類など、まとまった状態で査定に出すと、買取価格に上乗せされることもあります。
ポイントを抑えるだけでも、買取価格は大きく変わってきます。
納得のいく価格で買取してもらえるようにしましょう。

業者選びの基準

考える人

使用しなくなったサックスを売却する時には、楽器専門の買取業者を利用すると安心です。
サックスの価値を見極めた上で、適切な価格で買取を行ってもらうことができます。
しかし、初めてサックスを売却する人にとって無数にある買取業者の中から優良な所を選ぶのは難しい作業なのではないでしょうか。
買取業者を選定する際に注目すべきことは、これまでの買取実績についてです。
その業者が専用のWEBサイトやブログなどを開設している場合、記事を遡って読むことでサックスの買取相場を知ることができます。
また、口コミサイトを利用することで、実際にサックスを買取してもらった人の感想を読むこともできます。
次に大事なのが、その業者のある場所が近辺にあるかどうかということです。
サックスなどの楽器はとても繊細な構造をしているため、長距離移動によってダメージが加わる可能性が高くなります。
そのため、業者は自宅からできるだけ近い範囲で選ぶことが大事です。
ただし、業者の中にはプロの配送スタッフによる引き取りサービスを提供している所があります。
こういう業者であれば、遠方であっても気軽に利用することができます。
料金の面から業者を選ぶ場合、事前に依頼した見積もり結果から比較して検討するという方法があります。
ほとんどの業者では見積もりサービスを無料で提供しているため、気軽に申し込むことができます。
一番安い料金を提示した業者の見積もり結果を使って他の業者に値切り交渉をするという裏技もあります。

ブランドと価格

財布

サックスには色々なブランドが存在します。
ブランドによってサックスの音色は異なっており、ジャズやクラシックなどそれぞれに適した音楽があります。
また、楽器そのものの特性として音程を取りやすかったり最初の出だしの音が良いなどブランドごとに特長があります。
同一ブランドであっても、素材として使われる金属によって価格が違うため注意が必要です。
サックスの買取業者では、それぞれのブランド毎におおよその買取価格が設定されています。
特に人気のブランドの場合は、買取価格が高くなるのです。
また、主に海外でしか流通していないような稀少性の高いサックスの場合も買取価格が高騰する傾向にあります。
その他、国内のブランドのサックスの買取も行われており練習用のリーズナブルなものからプロが使用するような本格的なものまで対応してもらうことが可能です。
サックスの買取価格は、ブランドの人気に比例して高くなっていきます。
その時の流行に強く影響されるためです。
買取価格を少しでも高くしてもらいたい場合には、そのブランドの人気が高まった時を見計らって業者に持ち込む必要があります。
逆にブランドによっては人気が落ちる場合もあるため、売るタイミングを見誤らないようにします。
どんなに人気のブランドのサックスであっても、状態が悪ければその分だけ査定額が安くなります。
少しでも高くなるように、使わなくなってもサックスの手入れを欠かさないことが大事です。